You are here

為替レートを知ろう。fx初心者、基礎知識講座

FXを行うにあたってはある程度の知識が必要になります。
しかし、皆さんの中では「なんか為替って難しそう…」などというイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
そんなことはありません。
もちろん初心者の方でもちゃんとした知識を得ていれば簡単に行えますからこの記事を参考にしてみてください。

■為替レートって?

e080599df6c82d4df71bd0f2ad64ddec_s

簡単に言うと日本では「円」ですよね、アメリカでは「ドル」を、ヨーロッパでは主に「ユーロ」を扱っています。
FXとはこのドルやユーロなどを外国通貨を売買して、損益を意図的にが発生する取引のことです。
例として一つ挙げてみますね。

仮に「1ドル=110円」としましょう。
そのときにあなたは11万円で1,000ドル買います。
円安で「1ドル=120円」になったら、手持ちの1,000ドルは12万円に交換できますから、1万円得をするのです。
反対に円高で「1ドル=100円」になったら、手持ちの1,000ドルは9万円にしかならず、1万円の損をします。

こうして2つの国の通貨を取引して、為替レートの差額が利益になったり損をするのがFXです。
これは各国の経済の動きによって左右されることがほとんどですので予想するときはその国の経済情報を仕入れなければいけませんね。

■スワップポイントって?

FXの用語として出てくることが多いこのスワップポイントという言葉。
いったいどんな意味合いを持つのでしょうか?
例えば日本の金利が0.1%でニュージーランドの金利が5.0%だとしましょう。
そのときにニュージーランドドルをあなたが買ったとします。

2国間の金利差は「5.0%-0.1%=4.9%」となるため、ニュージーランドの通貨を持っている間はずっと4.9%の金利が貰えるという仕組みです。

■レバレッジって?

こちらもFXを行う上で外せないワードの一つです。
FXのいいところは少しのお金で大きなお金を動かせる仕組みがあるところ。
これが「レバレッジ」と呼ばれるものです。
具体的にはどんなものかというとレバレッジは資金を担保にします。
そのお金を担保にしたお金の25倍までの金額の取引が行える仕組みです。
つまりどういうことかというと例えば、50万円を証拠金としてあなたが取引業者(FXの会社)に預けました。

そのお金でレバレッジを最大の25倍にして、1,250万円分の外貨を取引することもできるのです。
さらにその金額で米ドル/円が10円変動するだけで、±100万円の大きな金額などの損失や利益が発生して、自分の口座に残ります。

■FXは24時間営業!?

b6ab5f6a26b67711aba47913f656fae5_s

投資といえば株主であったりと様々なものがありますが、株主は基本的には朝の9時~17時。ですがFXは24時間行えます。
それは通貨が日本の通貨だけではないからです。
そう考えると忙しい方などにも簡単にできますね。

まずは基本的な単語を覚えよう

まずはFXの基本用語を抑えたうえでバーチャルなどでトレードしてみるとだんだん仕組みがわかってきて楽しくなってくるのではないのでしょうか。

コメントを残す

Top