You are here

スイングトレードって?FX初心者にもわかりやすく解説

FXの用語によくでてくる「スイングトレード」。このままだとまったくのちんぷんかんぷん状態。直訳すると、「揺れ動く商売」ということですが頭の中ではなんとなくイメージが沸くけれど結局はなんだろう?と思う方が多いでしょう。

特に初心者の方にはさっぱりな用語ですね。
そこで今回はスイングトレードって?FX初心者にもわかりやすく解説いたします。

■スイングトレードとは?

スイングトレードとはどういうものかというと、数日から数週間程度の、相場に起こる波の一周期の値の動きを利用して利益を得る取引の手法です。
トレードの期間は、相場などによって変わっていきます。
取引期間としては長期的なものではなくわりと中期的なトレードですね。
FXでは主にレバレッジを5倍~10倍程度で取引されることが多いです。それでも初心者の方は手が出しずらいかと思いますが最初はレバレッジを3倍~最大でも5倍程度に抑えても大丈夫でしょう。

■スイングトレードにメリットはあるの?

24ec0934c1909b916c12aee515040380_s

それは時間に縛られないということです。
日中働いている方だとどうしても仕事中にチャートをみることはできません。
中にはチャートを見ながら仕事をしている方もいるかもしれませんが基本的には勤務時間ですからチャートは中々見れませんよね。
常にスマートフォンやパソコンを開いてチャートに張り付いている必要は無いですから、空いた時間にできるという素晴らしいメリットがあります。
自分のスタイルをしっかりと確立しシナリオをしっかりと組めば、価格変動も気になることはありません。

また、自分が設定したレートに来たらメール送信してくれるシステムもありますから、頻繁にチャートが気になってしまうということはありませんね。
そのため仕事が忙しいサラリーマンや、子育て中の主婦でも簡単に出来るのがスイングトレードのいいところです。

■スイングトレードのデメリットはあるの?

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

もちろんメリットもあればデメリットもあります。
それは資金拘束が長いということですね。
どうしても長期間ポジションつまり「売り」であったり「買い」のポジションを維持していなければいけないので、資金拘束されてしまいます。
まただからといって広くポジションをとってしまったりすると、レバレッジも高い分危険です。
トレンドを見誤った場合には、スキャルピングトレードとはそんなに変わらない損益になってしまうリスクが存在します。

■スイングトレードの注意点

スイングトレードはレバレッジもあまり高くありません。
そのためわりと安心して行えるトレードの方法ともいえます。
しかし、相場が大きく変化するリスクがありますからそれを回避するために、ストップロスは必ず行いましょう。
資金管理の方法は個人でそれぞれ違うと思います。
感情に走って投資額やストップレベルなどを左右されずに、自分が決めた最初のルールをきちんと守るといいでしょう。

メリット・デメリットを確認してからトレードを

スイングトレードにはメリットもデメリットもありますが自分のスタイルに合わせて選んでいけばいいと思います。

コメントを残す

Top